DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学大学院紀要 発達教育学 >
第10号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/1059

Title: 小学校教師からみた保護者の養育レジリエンスへの支援
Other Titles: Support for parenting resilience from primary school teacher's point of view
Authors: 柳川, 玲子
藤田, 一郎
Yanagawa, Reiko
Fujita, Ichiro
Keywords: 小学校教師
保護者
養育レジリエンス
Issue Date: 28-Mar-2022
Publisher: 福岡女学院大学大学院人文科学研究科発達教育学専攻
Abstract: 小学生保護者の多くが子どもの養育や学習に不安を感じており、養育困難に良好に適応する「養育レジリエンス」の向上が検討されている。教師が教育的支援を進めていくためには学校と家庭の連携が必要であり、本研究では小学校教師からみた保護者の養育レジリエンスへの支援を検討した。小学校教師、小学校保護者と発達障がい者親の会保護者に対し、子育てに関する学びや支援の利用の実状について質問紙調査を行った。 小学校保護者の情報の入手や学びは身近な人やインターネットの利用を挙げていた。教師は、保護者が子育てに関して専門家から学ぶことや支援を利用することは、保護者の養育レジリエンスを向上させ、学校と家庭の連携に効果的と考えていた。親の会保護者はグループ活動による専門家からの学びや支援を利用しており、教師の考える保護者支援と類似していた。また、教師は医療、福祉、心理専門家と連携して保護者の養育レジリエンスへの支援を行い、研修等により保護者との共通認識を持ち、適切な教育的支援を行なっていくことが重要であると考える。
URI: http://hdl.handle.net/11470/1059
Appears in Collections:第10号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
GE10_001.pdf2.08 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback