DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学大学院紀要・発達教育学 >
創刊号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/203

Title: 教員への質問紙調査による特別支援教育内容の検討
Other Titles: A Study for the Special Needs Education by Teacher Questionnaire Survey
Authors: 藤田, 一郎
Fujita, Ichiro
Keywords: 特別支援教育
自立活動
生きる力
発達障害
心身症
Issue Date: Mar-2016
Publisher: 福岡女学院大学大学院人文科学研究科「発達教育学」紀要編集委員会
Abstract: 免許状更新講習時に「困っている子どもについて考えたこと」「子どもの意欲の育て方」の質問紙調査を行い,教員の意見を特別支援学校小学部・中学部学習指導要領 第7章自立活動の指導計画と照らし合わせ,特別支援教育に求められている内容を検討した。「子どもと環境との相互作用による困り感であることに気づいた」「子どもの好ましい行動をすぐ褒めること」などの具体的な指導方法を再認識した受講者が多かった。「心身症を初めて理解した」「心身症で困っていたことに気付いた」という意見もあり,個別の教育ニー ズの多様性と,発達障害を背景として生じうる心身症,不登校状態の理解と対応が求められていることが分かった。また,「生きる力」を育てるには子どもの意欲を育てる関わりが効果的であるが,良好な関係を背景にした見守りと,好ましい行動を褒めて自己肯定感を高める関わりを行いたいという意見が多かった。
URI: http://hdl.handle.net/11470/203
ISSN: 24320927
Appears in Collections:創刊号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
03発達教育学(藤田一郎).pdf1.29 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback