DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学大学院紀要・発達教育学 >
創刊号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/209

Title: 看図アプローチをキーワードにした校内授業づくり研修の試み : 南筑高校の事例
Other Titles: The Practices of the Figurative-sign-interpretation (KANZU) Approach in the High School Japanese Language Class , Geography Class and Mathematics Class
Authors: 鹿内, 信善
佐田, 明菜
中尾, 慎矢
石山, 信幸
Shikanai, Nobuyoshi
Sada, Akina
Nakao, Shinya
Ishiyama, Nobuyuki
Keywords: 看図アプローチ
授業づくり
教科教育
アクティブ・ラーニング
Issue Date: Mar-2016
Publisher: 福岡女学院大学大学院人文科学研究科「発達教育学」紀要編集委員会
Abstract: 看図アプローチを用いた高校での授業づくり事例を3つ報告した。看図アプローチによる授業づくりレパートリーを増やすことができた。また,看図アプローチは若手の教員でも授業づくりにいかせること,看図アプローチによって教員自身のアクティブ・ラーニングも促進されること,なども見出された。ただし,この結果は事例研究によるものである。今後さらに研究を蓄積していく必要がある。
URI: http://hdl.handle.net/11470/209
ISSN: 24320927
Appears in Collections:創刊号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
09発達教育学(鹿内・佐田・中尾・石山).pdf1.49 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback