DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学紀要・人間関係学部編 >
第18号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/267

Title: 離婚を考える女性のボディナミクス(Bodynamics)による身体心理療法 : 自我機能の活性化を中心に
Other Titles: Body-psychotherapy Based on Bodynamics for Woman Considering Divorce : By Activating Egofunctions
Authors: 原口, 芳博
Haraguchi, Yoshihiro
Keywords: ボディナミクス
自我機能の活性化
身体心理療法
Issue Date: 31-Mar-2017
Publisher: 福岡女学院大学
Abstract: 離婚を考える女性に対して、主にボディナミクスによる身体心理療法を行った。その際基本的自我機能であるセンタリング、バウンダリ、グラウンディングの三種の自我機能を活性化するエクササイズを導入した。その結果、三種の自我機能 が活性化され、クライアントは心身共に安定し、主訴が解決され、自分が望む適切な行動を行うことができるようになり終結した。このことからボディナミクスの三種の自我機能の活性化の導入は、クライアントに有効であったと考察した。
URI: http://hdl.handle.net/11470/267
Appears in Collections:第18号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
01原口芳博.pdf731.33 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback