DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学大学院紀要・発達教育学 >
第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/305

Title: 聾学校乳幼児相談室における日本手話話者による親子支援
Other Titles: A Report of Supporting project for a deaf Child and her Mother in Parent and Infant Program at a School for the deaf by Japanese Sign Language Signers
Authors: 田中, 瑞穂
鹿内, 信善
Tanaka, Mizuho
Shikanai, Nobuyoshi
Keywords: 親子支援
日本手話
ろう者
聴保護者
協同教育
Issue Date: Dec-2016
Publisher: 福岡女学院大学大学院人文科学研究科発達教育学専攻
Abstract: 聴覚特別支援学校(以下,聾学校)において,親子を支援する取り組みを行った。この実践は,日本手話話者であるろう者講師ときこえる教師が,子どもの保護者と協同して取り組んだ。きこえる母親と聴覚障がいをもつ子どものコミュニケーションをより豊かにすることを目的とした実践を報告する。なお,本稿でのろう児・ろう者は,日本手話をつかうきこえない人を,聴者・聴保護者・聴教師は,聴覚障がいがない人を指す。
URI: http://hdl.handle.net/11470/305
ISSN: 24320927
Appears in Collections:第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
発達教育学第2号47-52p.pdf1.56 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback