DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学大学院紀要・発達教育学 >
第3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/314

Title: 前向き子育てプログラムによる母親の気持ちと子どもの心身健康状態の変化
Other Titles: Changes in the feelings of mothers and health condition of children by Positive parenting program
Authors: 住吉, 葵
藤田, 一郎
Sumiyoshi, Aoi
Fujita, Ichiro
Keywords: 子育てストレス
前向き子育てプログラム
育児ストレッサ―尺度
PSC 日本語版健康調査票
Issue Date: Mar-2017
Publisher: 福岡女学院大学大学院人文科学研究科発達教育学専攻
Abstract: 子育て中の親は育児技術の未熟さに悩んでおり、子育て相談の機会や子育てプログラム等の支援が必要な時代ではないだろうか。本研究では、前向き子育てプログラム「トリプルP」グループワークを受講した母親23名を対象に、親の育児ストレスの評価と子どもの心身の健康状態について質問紙調査を行った。母親の育児ストレッサ―尺度は、「親としての効力感低下」と「育児知識と技術不足」の2因子が受講後に有意に改善していた。子どものPSC 日本語版健康調査票では、23名中14名の点数が減少し、心理社会的問題ありと判定された13名のうち6名が正常範囲になっていた。トリプルP は親の子育てストレスの緩和と子どもの心身の健康状態の改善に有効であることが分かった。前向き子育てプログラムを受講することによって親の育児力が上がり、それによって子どもの心身がより健康になることが期待できる。
URI: http://hdl.handle.net/11470/314
ISSN: 24320927
Appears in Collections:第3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
前向き子育てプログラムによる母親の気持ちと子どもの心身健康状態の変化.pdf1.34 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback