DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学紀要・人間関係学部編 >
第7号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/361

Title: Parent Trainingの維持効果について
Other Titles: The Maintenance Effect of Parent Training
Authors: 坂田, 和子
Sakata, Kazuko
Keywords: parent training
養育スキル
早期介入
Issue Date: 31-Mar-2006
Publisher: 福岡女学院大学
Abstract: 本研究はparent trainingに参加した27~103ヶ月の子どもをもつ母親を対象に、獲得した養育スキルの維持効果について検討することを目的とした。トレーニング中に測定した養育スキル尺度、心理的ストレス反応尺度、ソーシャルサポート尺度と子育てに対する感じ方尺度の4尺度をトレーニング10ヶ月後に測定し比較した結果、1)養育スキルについては、ポジティブスキルは維持され、使用が比較的難しいといわれる「制限」については維持が見られず、2)心理的ストレス反応については、認知・行動ストレス反応である「絶望」が減少し、3)ソーシャルサポートは、配偶者なし群、低サポート群、高サポート群の順でストレスが高かった。長期にわたる維持効果を持続させるために、使用困難度の高いスキルについては早期の定期的な確認を行うことの重要性が議論された。
URI: http://hdl.handle.net/11470/361
Appears in Collections:第7号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
9_13_坂田和子_人間関係学部7号.pdf476.18 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback