DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学紀要・人間関係学部編 >
第8号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/378

Title: 就学前教育と小学校教育における教育課程の連続性に関する一考察 : 生活ならびに経験カリキュラムを基盤とした教科カリキュラムとの連携について
Other Titles: Continuity of Curriculum in Preschool and Elementary School : Cooperation with Curriculum Organized by subjects based on Life and Experience Curriculum
Authors: 増田, 榮
坂田, 和子
Masuda, Sakae
Sakata, Kazuko
Keywords: 教育課程
生活カリキュラム
経験カリキュラム
教科カリキュラム
Issue Date: 31-Mar-2007
Publisher: 福岡女学院大学
Abstract: 近年教育現場において、小学校教育における教科カリキュラムと、就学前教育における生活ならびに経験カリキュラムとを、性質は異なるが体験としては異なるものではなく、教科カリキュラムの基礎として生活や経験を捉えていこうとする試みが行われている。学校と児童福祉施設という所管の違いでカリキュラムを捉えるという視座から、子どもの発達の延長線上としての小学校教育という視座への移行は、教育方法と保育方法の中での共有部分を見出すことに繋がっている。子どもの発達を踏まえた教育課程の連続性について、生活ならびに経験カリキュラムを教科カリキュラムに導入している例について、遊びと認知発達との観点で検討した。
URI: http://hdl.handle.net/11470/378
Appears in Collections:第8号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
115_118_増田榮, 坂田和子_人間関係学部8号.pdf453.78 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback