DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学大学院紀要・発達教育学 >
第5号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/659

Title: 聴覚特別支援学校における看図アプローチを活用した授業づくり(Ⅱ): F校における看図アプローチの受容と実践
Other Titles: Application of the ‘KANZU’ approach to the construction of educational program for students at the school for deaf and hard of hearing (II)
Authors: 鹿内, 信善
Shikanai, Nobuyoshi
Keywords: 聴覚特別支援教育
言語活動の充実
看図アプローチ
看図作文
Issue Date: Feb-2018
Publisher: 福岡女学院大学大学院人文科学研究科発達教育学専攻
Abstract: 聴覚特別支援学校であるF校では,全校で看図アプローチに対する理解を深める全校研修会を企画してくれた。まずその研修会の内容について報告する。研修会のあと,学校長・研究担当教員との研究打ち合わせも行った。それによりF校中学部で看図アプローチを取り入れた授業実践を継続的に行っていくことになった。とくに「自立活動」の支援で看図アプローチは効果的に活用されている。また,教員の工夫も加えて教科指導においても看図アプローチが活用され始めた。これらの実践についても報告する。
URI: http://hdl.handle.net/11470/659
ISSN: 24320927
Appears in Collections:第5号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
発達教育学紀要第5号9-16.pdf1.57 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback