DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学大学院紀要・発達教育学 >
第5号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/666

Title: 前向き子育てプログラム受講による母親の意識変容
Other Titles: Changes of mother’s self-consciousness by positive parenting program
Authors: 舟山, 洋美
藤田, 一郎
Funayama, Hiromi
Fujita, Ichiro
Keywords: 子育てプログラム
母親
意識変容
Issue Date: Feb-2018
Publisher: 福岡女学院大学大学院人文科学研究科発達教育学専攻
Abstract: 前向き子育てプログラム「トリプルP」(Positive Parenting Program)グループワークを受講した3歳から15歳の子どもを育てる母親20名に対し、受講前後に私的自意識の質問紙調査を行った。参加者の私的自意識は高く、受講後もそれを維持していた。また、同意を得た母親2名に対しインタビュー調査を行い、得られた逐語録の分析を行った。〈肯定的な言葉に変えることによる自分の変化〉、〈家族への見方の柔軟化〉など意識変容が生じていた。母親が自分の子育てをふり返り、客観的に自分を見つめなおすことが分かった。週1回計7回のプログラムに継続して参加したことによって、子育てを①ふり返り、②気づき、③実践する、そして再びプログラムを受講してふり返るという意識のサイクルが生まれ、よりプログラムの効果が得られたものと考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/11470/666
ISSN: 24320927
Appears in Collections:第5号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
発達教育学紀要第5号35-48.pdf966.64 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback