DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学大学院紀要・発達教育学 >
第5号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/670

Title: 幼児の対人葛藤場面における問題解決方略に関する発達的研究
Other Titles: A Developmental Study on Problem Conflict Solving Strategies in Infant Interpersonal Conflict Situations
Authors: 馬場, 恵里香
牧, 正興
Baba, Erika
Maki, Seikou
Issue Date: Feb-2018
Publisher: 福岡女学院大学大学院人文科学研究科発達教育学専攻
Abstract: 本研究は、保育実践現場における対人葛藤場面での年少児・年中児・年長児が使用する問題解決方略の特性を分析、検討することを目的とした。予備調査として幼児を対象に撮影し記録を行ったところ、カメラを気にせず対人葛藤場面に影響を与えないことが確認できたため、本調査ではハンディカメラでの記録・撮影を行った。その結果、一つの対人葛藤場面において複数の問題解決方略を使用しており、年少児は泣きによる解決方略、言語的主張解決方略、攻撃的・報復的解決方略を、年中児は言語的主張解決方略、攻撃的・報復的解決方略を、年長児は言語的主張解決方略、協調的解決方略を高い割合で使用していることが明らかとなった。加えてその内容を年齢ごとに比較・検討すると、年齢によって方略使用の流れや使用している状態などが異なっていることが示された。
URI: http://hdl.handle.net/11470/670
ISSN: 24320927
Appears in Collections:第5号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
発達教育学紀要第5号67-74.pdf860.26 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback