DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
Fukuoka Jo Gakuin University Bulletin. Faculty of International Career Development >
Vol.4 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/706

Title: 外国語教科の観点別評価実践を目指して 話すこと「やり取り」評価の留意点
Authors: 細川, 博文
Hosokawa, Hirofumi
Keywords: 観点別評価
話すこと(やり取り)
学習指導要領
教室談話
Issue Date: Mar-2018
Publisher: 福岡女学院大学国際キャリア学部
Abstract: 次期学習指導要領で外国語の観点別評価や評価領域が変わる。全教科に共通する観点は「何ができるようになるか」である。小学校での外国語教科の導入、大学入試改革に伴う4技能の総合力育成など外国語教科に求められる期待は大きい。しかし、同時に課題も多く、特に教室内で英語によるインタラクションを生み出すのは難しい。本稿は評価領域の1つである「話すこと(やり取り)」に焦点をあて、評価の前提となるインタラクションを生み出すための留意点及び評価の内容について考察する。
URI: http://hdl.handle.net/11470/706
ISSN: 21893942
Appears in Collections:Vol.4

Files in This Item:

File Description SizeFormat
218939422018071090.pdf336.35 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback