DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
Fukuoka Jo Gakuin University Bulletin. Faculty of International Career Development >
Vol.7 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/864

Title: ロレアルのデジタル・トランスフォーメーション戦略に関する探索的なアプローチ : 外部企業との協働によるデータ活用の取り組みを中心に
Authors: 朴, 煕成
Park, Heesung
Keywords: デジタル・トランスフォーメーション戦略
Digital Transformation Strategy
パーソナラクゼーション・マーケティング
Personalization Marketing
顧客ニーズ
Customer Needs
Unmet Needs
データ活用
Issue Date: Mar-2021
Publisher: 福岡女学院大学国際キャリア学部
Abstract: デジタル化時代に技術やマーケティング、流通などビューティ・ビジネスの外部環境の変化が激しい。この外部環境の変化に対し、未来に向けたビジネスの生き残りと成長のため、企業にとってデータに基づくデジタル・トランスフォーメーション戦略の実行は重要な課題である。 ビジネスにおいてはネットワークの高度化、デジタル化や IoT の進展などに より、膨大なデータを効率的に収集し、それを分析・共有する環境が実現されつ つある。私たちは、すでに様々な IT 機器の発達によって多様なソーシャルメディアに囲まれて生活している。日進月歩 IT 技術進歩のおかげで企業が利用できる デジタル領域における豊富なデータがいわゆるところで散在する。 企業にとって、デジタル・トランスフォーメーション戦略の実行と成功のためには一社の力だけでなく、多岐にわたる外部企業、例えスタートアップ企業やインキュベータ企業、フラットフォーム企業、サードパーティ企業、Supplier 企業などさまざまな企業や組織と協慟と調整が喫緊の課題である。 企業の内部資源を有効活用し、また外部企業との協慟でかじ取りをうまくしていくことは、企業の未来戦略に向け、主要な成功要因になる。 前回の論文(朴、2020)ではロレアル・グループのデジタル・トランスフォーメーション中でもデジタル・マーケティング戦略に関する予備的な考察を行った。 引き続き、本研究では、企業の発表資料やインタビュー記事を利用して、前回の研究で充分に論説できてない部分を補うとともに、直近のデジタル・トランスフォーメーション戦略の分析を行う。 まず、デジタル・トランスフォーメーション戦略の第1フェーズを振り返りながら、第2フェーズに焦点を当てて考察する。次にeコマースの成果を述べる。 その上、データ活用戦略の実践とパーソナライゼーション戦略を若干解説する。 111中でも企業内部における CDO の役割を解説していく。さらに、外部企業との協働の取り組みを説明する。最後に未来に向けたデジタル・トランスフォーメーション戦略を概観する。
URI: http://hdl.handle.net/11470/864
Appears in Collections:Vol.7

Files in This Item:

File Description SizeFormat
skokusai_05_P111-158.pdf894.4 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback