DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院大学 >
紀要論文 >
福岡女学院大学大学院紀要・発達教育学 >
第9号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/914

Title: 5歳児の協同的な対話の展開 ―看図アプローチによる活動での子どもの姿に着目して―
Other Titles: Development of Cooperative Dialogue for 5-year-olds ̶Focusing on Children’s Appearance in Activities by KANZU Approach—
Authors: 福永, 優子
高原, 和子
Fukunaga, Yuko
Takahara, kazuko
Keywords: 5歳児
対話
表現
保育者
協同性
看図アプローチ
Issue Date: 19-Mar-2021
Publisher: 福岡女学院大学大学院人文科学研究科発達教育学専攻
Abstract: 本研究の目的は、5歳児を対象とした看図アプローチによるビジュアルテキストの読み解き実践の意義について検討することである。看図アプローチによるビジュアルテキストの読み解きは、「雨の日」の写真を題材とし、「蛙」と「紫陽花」の写真をそれぞれ2枚、「水溜り」の写真1枚をビジュアルテキストとして使用し、筆者とグループ(子どもと担当保育者)で行った。その結果、ビジュアルテキストの特性による子どもの発話の違い、虚構と現実の世界を楽しみながら作話を始める姿や根拠をあげて説明するという5歳児の発達の特徴がみられた。看図アプローチによるビジュアルテキストの読み解き実践は、子ども同士や保育者との協同的な対話を展開し、表現する楽しさや伝え合うことを体験する活動として有用であることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11470/914
Appears in Collections:第9号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
03 福永・高原先生.pdf1.5 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback