DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院看護大学 >
紀要論文 >
福岡女学院看護大学紀要 >
第12号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/956

Title: シミュレーション教育を活用した看護英語プログラム開発の試み
Other Titles: Developing a Nursing English Program Using Simulation-Based Learning
Authors: ポーター, マシュー
吉川, 由香里
藤野, ユリ子
ウィア, ケヴィン
Porter, Mathew
Yoshikawa, Yukari
Fujino, Yuriko
Weir, Kevin
Keywords: 看護英語教育
シミュレーション教育
カリキュラム開発
English for nursing
simulation-based education
curriculum design
Issue Date: Mar-2022
Publisher: 福岡女学院看護大学
Abstract: 〔目的〕本報告では、看護教員と英語教員が連携し開発したシミュレーション教育を用いた看護英語プロ グラムの課題を明確にし、今後のプログラム開発への示唆を得ることを目的とする。 〔方法〕A看護大学 2 年生17 名を対象に「English for NursingⅡ」において事前課題として市販のeラー ニング学習と 3 場面のシミュレーション教育(日本語と英語)を実施した。その後プログラムに関する評 価として①演習のデザイン、②学生の満足度と自信、③看護英語に対するプログラムの効果、④学習意欲、 ⑤自由記述のアンケート調査を実施し、分析した。 〔結果〕プログラムの演習デザインでは「サポート」「フィードバック/リフレクション」に関する評価が 高く、学習における満足度と自信では、「自信」に関する評価が高かった。学習意欲に関する評価では、「注意」 が高く「自信」に関する評価は低かった。自由記述では、教員間での「矛盾」や事前課題とプログラム内 容の乖離に戸惑いを感じ、「難しい」と感じていた。しかし、シミュレーション教育の導入により「反復練習」 ができ、「新鮮で楽しい」と評価しており、他の科目での「つながり」を実感していた。 〔考察〕今回開発したプログラムは、魅力ある教育環境と方法であったことがわかった。しかし、学生の 看護英語に対する自己肯定感が低く、自信に繋がりづらいこと、教員間の意見やアドバイスの矛盾やeラー ニング教材とプログラム内容との乖離などが明らかとなった。今後は学生の自己肯定感の向上を目指すべ くプログラムの評価指標を見直すこと、教員間の均一性を図り、プログラム内容に即したeラーニング教材 を作成し、乖離をなくすことが必要である。
URI: http://hdl.handle.net/11470/956
Appears in Collections:第12号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
福岡女学院看護大学紀要 第12号 2021年度_06.pdf1.03 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback