DSpace 福岡女学院 日本語
 

福岡女学院学術機関リポジトリ >
福岡女学院看護大学 >
紀要論文 >
福岡女学院看護大学紀要 >
第12号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11470/960

Title: 学習管理システムの比較と考察-Moodleへの移行-
Other Titles: A Comparison and Consideration of Learning Management Systems: Making the Move to Moodle
Authors: ウィア, ケヴィン
星, 美和子
ポーター, マシュー
岩﨑, 優子
飯塚, 才湖
大石, 定和
Weir, Kevin
Hoshi, Miwako
Porter, Mathew
Iwasaki, Yuko
Iizuka, Saiko
Oishi, Sadakazu
Keywords: 学習管理システム
Course Power
Google Classroom
Moodle
Learning Management System
Course Power
Google Classroom
Moodle
Issue Date: Mar-2022
Publisher: 福岡女学院看護大学
Abstract: 〔目的〕本稿では、本学で全学的に導入されているCourse Power(以下CP)、全学的ではないが本学教 員が利用しているGoogle Classroom(GC)とMoodleの 3 つの学習管理システム(Learning Management System, 以下LMS)の有用性について分析し、本学における今後のLMSの活用とその展望、つまりMoodle への移行、について考察する。 〔方法〕本学で利用されている 3 つのLMS(CP、GC、Moodle)の概要及び本学導入の経緯や実際の教職 員の活用例を通して比較検討する。 〔結果〕 3 つのLMS(CP、GC、Moodle)について、各LMSとしての概要、本学導入における経緯、構 成及び機能(教材掲載・学生とのコミュニケーション・学習管理)の検討を通して、本学での利用におけ る各LMSの比較を行い特徴を明らかにした。 〔考察〕教育理論を背景とした開発、導入・更新費用が掛からないこと、学外からのアクセスの容易さ、 LMSとしての自由度と多様な学習コンテンツの提供、そして学習管理機能において、CPやGCと比較する とMoodleが総合的に有用であり、本学の全学的なLMSとして、Moodleへの移行が妥当であろうと考える。 今後は、本学の全教職員がMoodleを活用できるように、効果的な支援方法を検討することが必要である。
URI: http://hdl.handle.net/11470/960
Appears in Collections:第12号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
福岡女学院看護大学紀要 第12号 2021年度_10.pdf1.06 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback